プエラリアの副作用に関する口コミは?

プエラリアはバストアップに効果があるとされていますが、エストロゲン活性を促す物質ミロエステロール(miroestrol)が含まれているので、注意しないと副作用が起きることがあります。

今回は、副作用に着目して口コミを調べてみました。


口コミが載っているところがプエラリアを売っているショップだったので、効果に関する口コミは多かったものの、副作用に関する口コミがあまり書かれていなかったのですが、11件の口コミに副作用に関するコメントを見つけることができました。


11件中4件は副作用がなかったとのコメント、7件が副作用があったとのコメントでした。

副作用の内容は、月経周期の延長、頭痛が続く、ふきでものが出た、排卵が遅れた、生理が遅れた、飲むと気持ちが悪くなるというものでした。


口コミでは見つけることができなかったのですが、このほかによく見られる副作用としては、吐き気を感じる人や便がゆるくなる人もいるそうです。

吐き気を感じる人は、もともと胃酸の多い人や胃下垂の人に多いそうで、便がゆるくなる人は腸が弱い人がなりやすいそうです。

この場合、飲む量を少なくしたり、量が半分のもの(プエラリアシスター)があるので、それを試してみるといいそうです。


副作用もあるということを念頭に置いて、プエラリアを試してみてくださいね。

プエラリアを飲んだら危険な人は?

プエラリアはバストアップをしたい女性に絶大な支持を集めています。

でも、ホルモンを活性化させるミロエステロール(miroestrol)という成分が含まれているので、ある人がプエアリアを服用すると危険です。

では、どのような人がプエラリアを服用すると危険なのでしょうか?調べてみました。


プエラリアを服用してはいけない人は、大豆をはじめとするイソフラボン成分に対してアレルギーのある人、妊娠中や授乳中の人、がんの薬を飲んでいる人、ホルモン系の薬を飲んでいる人だそうです。

他にもピルを飲んでいる人もプエラリアを飲んではいけません。


これらに当てはまらない人も、医師の処方した薬を常用している人は、プエラリアを飲んでも大丈夫かどうか聞いてから飲むようにすると安心ですね。


それから、プエラリアを服用する上で注意することは、基礎体温や体調など、健康状態に気をつけることと摂取量を守ることです。

服用して気分が悪くなったけれど、バストアップしたいから我慢して飲もうというのは最悪です。


ホルモンバランスが崩れてしまって、妊娠できない体になってしまうなんていうこともあるそうですよ。

特に、ホルモンの活動が活発な若い女性ほど、バランスを崩す危険性があるそうなので、気をつけましょうね。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。