プエラリアを飲んだら危険な人は?

プエラリアはバストアップをしたい女性に絶大な支持を集めています。

でも、ホルモンを活性化させるミロエステロール(miroestrol)という成分が含まれているので、ある人がプエアリアを服用すると危険です。

では、どのような人がプエラリアを服用すると危険なのでしょうか?調べてみました。


プエラリアを服用してはいけない人は、大豆をはじめとするイソフラボン成分に対してアレルギーのある人、妊娠中や授乳中の人、がんの薬を飲んでいる人、ホルモン系の薬を飲んでいる人だそうです。

他にもピルを飲んでいる人もプエラリアを飲んではいけません。


これらに当てはまらない人も、医師の処方した薬を常用している人は、プエラリアを飲んでも大丈夫かどうか聞いてから飲むようにすると安心ですね。


それから、プエラリアを服用する上で注意することは、基礎体温や体調など、健康状態に気をつけることと摂取量を守ることです。

服用して気分が悪くなったけれど、バストアップしたいから我慢して飲もうというのは最悪です。


ホルモンバランスが崩れてしまって、妊娠できない体になってしまうなんていうこともあるそうですよ。

特に、ホルモンの活動が活発な若い女性ほど、バランスを崩す危険性があるそうなので、気をつけましょうね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。